カテゴリ
全体
腰掛ける日々
美しき日々
英雄の日々
リンク
キャラ紹介


未分類
以前の記事
2013年 02月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
MOE全力疾走!
採掘馬鹿一代!~青春爆裂編~
クロニクル~気ままにMo...


走れおじぇス。とてもゆっくりと

眼が覚めたのは夜だった。
おじぇスは起きてすぐ、花婿の家を訪れた。
f0041588_19374582.jpg

おじぇス「超広いな!そして超ヒゲだなお前等!」
使用人A「何者じゃ・・・?」
使用人B「馬鹿もん、奥方(予定)様の兄様じゃ。」
使用人A「おお・・・アレが噂の・・・」
写真は妹の婿殿の元を訪れるおじぇスと婿殿の使用人達

そうして、少し事情があるから、妹との結婚式を明日にしてくれ、と頼んだ。
婿殿は驚き、それはいけない、こちらには未だ何の仕度も出来ていない。

f0041588_1942554.jpg

執事?「義兄様が参られましたぞBigDaddy。」
おじぇス「みなぎる程元気かね婿殿?」
婿殿「Hi…Brother…」

写真は婿殿とその執事 そしておじぇス

おじぇスの突然の来訪に驚くも
婿殿は朗らかにおじぇスを迎え入れた・・・が
コーク(コカ)の収穫まで待ってくれ、と答えた。
f0041588_19463928.jpg

おじぇス「私もコーラは大好きだから、待ってもいいのですよ?3ヶ月までなら。」
婿殿「It's nice Joke・・・・HAHAHA!!!」
執事「まったく 義兄様は愉快な方ですな BigDaddy。HAHAHA!!」
おじぇス「HAHAHA!!!」
おじぇスは、待つことは出来ぬような出来るような・・・
どうか明日にしてくれ給え、別に3年後でも良いからと更に押してたのんだ。
f0041588_20422061.jpg

おじぇス「畑超広いな!!!ここの畑で取れたものって幾らするのかね?」
婿殿「g unit price 30,000. 50,000」
まさに魔法の粉であった。
婿の牧人も頑強であった。なかなか承諾してくれない。
夜明けまで議論をつづけて、やっと、どうにか婿をなだめ、すかして、説き伏せた
f0041588_2145117.jpg

おじぇス「何か大切な事を忘れている気がしてならねぇのですよ?」
婿殿「?」
一方その頃・・・
ネオクラング
f0041588_20441154.jpg

もちぬんてぃうす王は眉間の皺(しわ)を一層濃くし
死刑執行官に尋ねた
王「その・・・おじぇスめが戻らねば ワシは死刑か?」
死刑執行官「はい、王のご随意のままに もちぬんてぃうすめは 
このイカで四肢を切断した後に竜の墓場に捨て去ってまいります。」
死刑執行官は舌なめずりをして もちぬんてぃうすを見つめた
王の顔色は青・・・いや蒼白へと変化した
王「奴が言った期間は・・・3年だっけ?」
死刑執行官「三日です。この世の信頼等と言う物がただの幻である。 それを証明してみせましょう。王よ。」
王「・・・う、うん。そうじゃね。プロテインじゃね。」
王は その玉座に更に深く腰掛け
そして 少しだけ 漏らした
王「し、しかし・・・おじぇスとは名高き男、そう簡単に約束を違える事はあるまい?」
死刑執行官「ご安心下さい。 既に手は打ってあります。」
王『・・・・ワシが何をしたというのだ・・・』
~おじぇスの村~
f0041588_2173038.jpg

結婚式は、真昼に行われた。
新郎新婦の、神々への宣誓が済んだころ、黒雲が空を覆い、
ぽつりぽつり雨が降り出し、やがて車軸を流すような大雨となった。
祝宴に列席していた村人たちは、何か不吉なものを感じたが、
それでも、めいめい気持を引きたて、狭い家の中で、
むんむん蒸し暑いのも怺(こら)え、陽気に歌をうたい、手を拍(う)った。
f0041588_21103515.jpg

おじぇスも、満面に喜色を湛(たた)え、王とのあの約束をさえ忘れていた。
忘れていた。 とても

王は その日 眠れなかったといふ・・・
続く
[PR]
by ogie_come | 2010-10-11 21:24 | 英雄の日々
<< 走れおじぇス。誰の為に? 走りすぎろオジェす中篇 >>




オジェのこう凄い大冒険と何かが凄いのをお届けせんとす
by ogie_come
リンクと注意

きまぐレストラン


ヴィーゼといっしょ。


ぷるこぎ一家 in MoE



サクラさらさら



モニ家族クタビレンソン



Kroteのmoe日記とか色々


モニ家族クタビレンソン



T鍋のギャン整備室


C)2005 HUDSON SOFT / GONZO Rosso Online All rights reserved. 株式会社ゴンゾロッソオンライン及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

当ブログの内容を信じきる事も禁止されてます。誰かに。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧