カテゴリ
全体
腰掛ける日々
美しき日々
英雄の日々
リンク
キャラ紹介


未分類
以前の記事
2013年 02月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
MOE全力疾走!
採掘馬鹿一代!~青春爆裂編~
クロニクル~気ままにMo...


デカ物語 第一章 ~コンサート会場に涙の雨~

一見平和なダイアロス・・・
だが、この素敵島にも悪の気配が消える事は無い
巨悪は 人々の背後に 半笑いで 忍び寄ってくるのだ・・・・!
だが、そんな巨悪に真っ向から立ち向かう者達が居る・・・・
そう、彼等こそ ダイアロスデカである・・・・!!

f0041588_124435.jpg

写真はジェントルが街中で見つけた素敵な楽団 
巨悪ともデカとも何の関係もありません。
がんばれ素敵楽団。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
平和なダイアロスの昼・・・
ボスが日課のうたた寝にしゃれ込もうとしている時
f0041588_12175635.jpg

メガホン片手に うさみみ(署長)が現れた
「コンサート会場に 犯行予告~!」
「・・・そんな事より眠い。」
~~~~~~~
   中略
~~~~~~~
f0041588_1271621.jpg

30分後 デカ長のもとに呼び出されるジェントル
まだ口の中に食べかけのサーロインが残っているが角度的に見えない
「なんか、署長にとても叱られた。」
弱冠悲しそうなデカ長
「・・・そんな愚痴聞きたくねぇのですよ?」

「うん。それでね、事件なんだよ。
 コンサート会場でアイドルが狙われている。」


「な、なんだってー!」
元々娯楽の少ないダイアロスにおいて アイドルの存在はとても 大きい
人々の心の支えである アイドルを狙う
巨悪の許せなさに ジェントルの拳はプルプル震えた
「巨悪の犯行声明によると 
 『お小遣いが少ないから コンサート会場でアイドルにエッチないたずらをする
  警察とかに知らせたら どうなるか 解っているな?』
 と何故か警察に連絡してきた。意味が解らん。」
「確かに意味が解らんのですよ?」
デカ長とジェントルは小首をかしげる
しかし、答は無かった
「とにかく、ジェントルは胸板と変装して会場にむかってくれ。」
「とてつもなく了解した!!」

この辺で youtubeあたりで流れてる刑事ドラマの音楽でも流すといいのですよ?

f0041588_12254437.jpg

その日はコンサートの件もあり、街中はお祭り騒ぎ
胸板は街中で警備(万引き等を見つけたら射殺する)中
そこに巨悪の匂いを持ったジェントルが駆けつけてくる・・・
胸板は 思わず微笑むのであった
「胸板!事件なのですよ?」
「おう?」
「コンサート会場でアイドルがエッチな事になってしまう!だったっけ?」
ジェントルはとりあえず アイドルがエッチ までしか覚えてなかった
「それは胸が熱くなるな。」
思わず二人は微笑んだ 理由は聞いてはいけない。
「変装して 私と胸板でむかえ とのことなのですよ?」
「山さんは?」
「変装のしようがねぇ上にでかすぎるので 待機。」
「納得。」
山さんは基本的に待機が多い 理由は不明だ。
f0041588_1232593.jpg

「アレがえっちな目的で狙われているアイドルなのですよ?」
変装したジェントルと胸板は警察と言う身分を巧妙に隠し
会場に無事潜入していた
胸板は 何か銀色のマスクをかぶり
ジェントルは変装中と言う名札をぶら下げている
巨悪と常に闘い続け、その中で磨かれた
デカ達の変装を見破るのは とても難しい。
「アレがえっちな目にあうのか 胸が熱くなるな。」
正義の心が燃え上がったのか
二人のデカは口元がニヤリとした。きっと巨悪への何かだ 多分。
f0041588_12381665.jpg

会場の客に扮した二人
しかし、このままでは犯人が誰とも知れない
だが、うかつに前の席にすわってしまえば 犯人に見つかってしまうかもしれない
二人のデカは少し困った顔を浮かべていた
「中々エッチな目にあわないな。」
「ふむ・・・犯人も慎重なのですよ?」
焦る胸板とジェントル
「よし、俺が変装して裏に回る。ジェントルは正面で待機してくれ。」
「サンドイッチ作戦・・・流石なのですよ?」
切れ者として有名な胸板は
その軽い引き金による射殺性と
何よりその切れる頭脳で恐れられまくっている。
f0041588_12421313.jpg

木こりに変装し 巨斧型の銃を構える胸板
何処から見ても ただの木こりである。
これならコンサート会場の裏に居てもなんらおかしくは ない。

f0041588_1244787.jpg

これで 裏から逃げることは不可能になった
ジェントルは更に厳しい目でコンサート会場を見回した
アイドルの身に特にコレと言った異常は無く
コンサートは何の問題も無く過ぎ去ろうとしている
だが
なんと アイドルではなく 客席後方から 
叫び声が響いた!
「キャアアアア!!!」
完全に虚を突かれた ジェントルと胸板
しかし ジェントルは 迷うことなく 駆け出した
f0041588_12463987.jpg

物凄い勢いで走り去る犯人
「アイドルと客を間違えるとは・・・・この国王一生の不覚!!!」
とてつもない走法で走る 犯人
そして なんかエッチな事をされたらしく 必死で追う女性
「ああん・・・・くやしい・・・・でも・・・・×××・・・・なんて国王にそっくりな犯人・・・・!」
とても悔しそうである。
そんな市民の惨状を目にし 怒りを覚えるジェントル
「まてぃ!そこの犯人!!ダイアロス署の者なのですよ? 大人しく死ぬと良いわ!」
「しまった!デカが居たとは!!だが 国王に敗退は・・・・ない!」
f0041588_12523755.jpg

マッハ4.2を誇るという国王ばりの速度で走り去る犯人
「女性、危ないから君は会場に戻りなさい。そして会場裏の木こりにこの事を伝えるといいのですよ?」
「は、はい!流石デカ・・・頼もしい!」
しかし普段から国王とたい焼きやたこ焼き等のおやつを巡って走り回るジェントルは
マッハ4,2に近い速度で追い続ける事が可能であった
「・・・・犯人は何故・・・王城に逃げているのか・・・?そして私のおなかが減りつつあるのはどうしたものか?」
ナンと犯人はそのまま 城のお堀の中に飛び込もうとしている
「まるで奴は・・・城の関係者・・・・?これは いったい・・・」
ジェントルの背に冷や汗が流れる これはもしや国家クラスの大犯罪・・・・
そう思うもつかの間

バキューン!!!

銃声が響き

「ギャー 国王の無敵の尻の穴が一つ増えたー!」
犯人は謎の叫び声をあげ、そのまま水没した・・・・

f0041588_1258735.jpg

「・・・容疑者確保なのですよ?」
「とても ケツが痛くてちょっと死んだ。」
事件は終わりを告げた
f0041588_1311557.jpg

女性から事のあらましを聞いた胸板が
とてつもねぇ速度で近くの狙撃ポイントに上がり
水に飛び込もうとした国王(犯人型)を狙撃したのである。
~~~~~~
   翌朝
~~~~~~
f0041588_1332165.jpg

「 先日 国王が死んだ。」
国王自らの放送で
『国王が何故か狙撃されて死亡した』
というショッキングなニュースが島全体に流れた
市民達は それなりに衝撃を受けたが 生活に変化は無かった
これも デカ達の活躍のおかげである事は間違いない。
ありがとう デカ! これからもデカ達は巨悪と戦い続けるのだ 多分・・・・!

続く
[PR]
by ogie_come | 2012-09-09 13:04 | 英雄の日々
<< はぐれデカ純情すぎる編~KOK... ジェントルデカ物語 >>




オジェのこう凄い大冒険と何かが凄いのをお届けせんとす
by ogie_come
リンクと注意

きまぐレストラン


ヴィーゼといっしょ。


ぷるこぎ一家 in MoE



サクラさらさら



モニ家族クタビレンソン



Kroteのmoe日記とか色々


モニ家族クタビレンソン



T鍋のギャン整備室


C)2005 HUDSON SOFT / GONZO Rosso Online All rights reserved. 株式会社ゴンゾロッソオンライン及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

当ブログの内容を信じきる事も禁止されてます。誰かに。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧