カテゴリ
全体
腰掛ける日々
美しき日々
英雄の日々
リンク
キャラ紹介


未分類
以前の記事
2013年 02月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
MOE全力疾走!
採掘馬鹿一代!~青春爆裂編~
クロニクル~気ままにMo...


<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

走れオジェす ~勇者の迷い~

立ち上る事が出来ぬのだ。
天を仰いで、腹をさすった。
アレからステーキ うどん ラーメン 
ピザ パイ カツ丼 うなぎの蒲焼
ココア ワイン どぶろく ミルクティ
グレープジュース オレンジジュース
ハンバーガー パスタ ジュレ
そして食後の微糖缶コーヒー
とにかく喰えるだけ腹に詰めた。
苦しみに耐えながら、 ただ 友の為に。
f0041588_18103940.jpg

『多分、もちヌンティウスがそうしてくれって言ったのですよ?』
f0041588_18112639.jpg

『記憶には御座いません。』
本人は否定を続けており、捜査は困難を極めたがどうでも良い。

ああ、あ、濁流を泳ぎ切り、
山賊を三十三人も撃ち倒し韋駄天(いだてん)、
ここまで突破して来たオジェすよ。
真の勇者、オジェすよ。
今、ここで、お腹がいっぱいで動けなくなるとは情無い。

愛する友は、おまえを信じたばかりに、
やがて殺されなければならぬ。
おまえは、稀代(きたい)の不信の人間、まさしく死刑執行官の思う壺(つぼ)だぞ
f0041588_1821630.jpg

『自ら手を下すまでも無かったか・・・稀代の英雄と言えど、所詮私の敵では無かったか!』
思う壺を通り越して、自滅した為、何か物足らない死刑執行官

自分を叱ってみるのだが、とてもじゃないがこれ以上喰えぬ。
路傍の草原にごろりと寝ころがった。
若干雨露の残った草が火照った身体に気持ちが良い。
お腹が満腹になれば、大概の事はどうでもよくなる。
もう、どうでもいいという、勇者に不似合いな不貞腐(ふてくさ)れた根性が
、心の隅に巣喰った。いや、満たされた。うぇっぷ。
f0041588_1827998.jpg

満たされたオジェすの深層心理を表した一枚のSS
私は、これほど努力したのだ?
約束を破る心は、みじんも無かった。

f0041588_1835682.jpg

「じゃあ、6時に阪神西ノ宮駅に集合ね。」
「恵比寿さん祭りかー楽しみだねぇ。」
「活気があってよしとす。」
「お店予約した?」
「超任せろ。」
まったく別の約束しか思い当たらないオジェす。
神も照覧、私は精一ぱいに胃袋を膨らます様に努めて来たのだ。
動けなくなるまで食べたのだ。
私は不信の徒では無い。
というか、何の徒かすら、誰にもわからない。
ああ、できる事ならもちヌンティウスの胸を截(た)ち割って、
真紅の心臓をお目に掛けたい。
f0041588_18412473.jpg

チョッパーを手に、友がどれだけ誠実か、誰かに伝えたいオジェす。
愛と信実の血液だけで動いているあの心臓を見せてやりたい。
実際に見た事は無いが。
けれども私は、この大事な時に、お腹がいっぱいなのだ。
f0041588_18443669.jpg

「ここのジェラード超美味いよ?」
「えー?マヂでー?」
「豆腐とか、マヂうまい。私の超オススメなのですよ?」
「じゃあ、俺八丁味噌にするー!」
「じゃ、私は珈琲風味!」
とりあえず、デザートは別腹のオジェすと愉快な仲間達。
死刑執行官は私に、ちょっとおくれて来い、と耳打ちした。
おくれたら、身代りを殺すと約束した。
私は死刑執行官の卑劣を憎んだ。
f0041588_18483914.jpg

死刑執行官の卑劣さを抽象画で表した一枚。
けれども、今になってみると、
私は死刑執行官の言うままになっている。
私は、おくれて行くだろう。
死刑執行官は、ひとり合点して私を笑い、
そうして事も無く私を放免するだろう。
そうなったら、私は、死ぬよりつらい。
私は、永遠に裏切者だ。地上で最も、不名誉の人種だ!
もちヌンティウスよ、私は死刑執行官をぶっ殺すぞ。
君と一緒に死なせてやろう。
f0041588_18513039.jpg

予想外の展開に膝を抱えて震え上がる死刑執行官
「予想外!予想外!」

よし、面倒臭いからそうしよう。
そう思って四肢を投げ出して、うとうと、まどろんでしまった。
ふと耳に、聞き覚えのある声がしてきた。
『オジェす・・・・オジェす・・・』
f0041588_18544076.jpg

「お前は・・・女中!!」
『良く聞くのですの。勇者よ・・・』
「ん・・・・?」
『微糖缶コーヒーのカロリーは・・・・通常の缶コーヒーの1/3~1/4ですの。』
「!!!」
f0041588_1857457.jpg

「な・・・ならば!」

真の勇者が・・・ついに・・・?!

続く
[PR]
by ogie_come | 2011-02-14 18:58 | 英雄の日々




オジェのこう凄い大冒険と何かが凄いのをお届けせんとす
by ogie_come
リンクと注意

きまぐレストラン


ヴィーゼといっしょ。


ぷるこぎ一家 in MoE



サクラさらさら



モニ家族クタビレンソン



Kroteのmoe日記とか色々


モニ家族クタビレンソン



T鍋のギャン整備室


C)2005 HUDSON SOFT / GONZO Rosso Online All rights reserved. 株式会社ゴンゾロッソオンライン及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

当ブログの内容を信じきる事も禁止されてます。誰かに。
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧